仕事を知ろう

進学塾で子供たちと接するときに、学校では教えてくれない受験内容をしっかりとサポートしてあげる必要があります。多くの子供たちが、自分自身の学習力を向上させてステップアップさせたいと思っています。そこを講師が分りやすく指導することで受験対策のための勉強を指導し、子供たちがしっかりと受験対策のための知識を身につけることができるまで、講師が積極的にサポートしてあげることが重要になってきます。

学習塾の講師は、それぞれ子供たちの志望校に合格するために必要な学力があるかどうかを見極めます。もし学力が足りている生徒であれば、さらに良いところを成長させてあげます。まだ志望校に合格するための学力が足りていない生徒に対しては、講師がさらに親身になって不足している要素を分りやすく補ってあげる必要があります。集団塾と個別指導塾でも指導方法が異なってきます。

自分が働く進学塾が、どのようなスタイルで生徒に対して指導をしていくのかを自分自身で理解しなければいけません。可能な限り大勢の生徒に教えていきたいのか、それとも個別指導塾で少数の生徒に時間をかけてしっかりと教えていきたいのかを、進学塾を選ぶ前に自分自身で決断しなければいけません。

Copyright © 進学塾で働く人の仕事内容, All rights reserved.