指導力の重要性

進学塾の講師に求められることは、学歴以上に指導力だと言われています。講師になりたいと思ったら、自分自身が分りやすく、平等に、全ての生徒に対してしっかりと受験対策のための指導をすることができるかを考えてみましょう。進学塾で働く講師は、生徒としっかりコミュニケーションを取りながら信頼関係を大切にしなければいけません。お互いの関係が均等に保たれていることで、初めて生徒から分りやすいと思ってもらえる講師になることができます。

いかに全ての生徒が分りやすく指導することができるかを意識しながら、受験対策のためのアドバイスをしていくためには、自分自身の知識だけでなく、多くの生徒が納得できるように的確に指導する必要があります。常に生徒それぞれの能力や性格を理解して、その都度的確に分りやすく指導をしたり、トータルでアドバイスをするのが進学塾の講師に求められます。

そのためにはお互いの環境をちょうど良い距離感で保つことも、進学塾で働く講師の仕事と言えます。お互いがしっかりと理解しつつ、勉強を教えてもらい、必ず志望校に合格することができるように、講師が全力で仕事をすることで、受け持った生徒全員が志望校に合格することができるようになります。

Copyright © 進学塾で働く人の仕事内容, All rights reserved.